選択・暗記問題の解き方・コツ・ポイント 4〜国家の窓口のイメージ・「日本の窓口」長崎出島と戦いの最前線・「丸暗記」のデメリット・歴史の流れをイメージ・文禄・慶長の役から関ヶ原へ・豊臣政権の致命傷〜|中学受験・開成中・社会

前回は「選択・暗記問題の解き方・コツ・ポイント 3〜丸暗記ではなく暗記問題を「考える」姿勢・歴史の出来事の意味を考える・豊臣秀吉の太閤検地・征夷大将軍と関白の違い・暗記と戦略的解法・大阪と大坂〜」の話でした。

目次

国家の窓口のイメージ:「日本の窓口」長崎・出島と戦いの最前線

f:id:Yoshitaka77:20211210155928j:plain

開成中学校の2020年の社会第2問です。

次の問8を考えてみてください。

f:id:Yoshitaka77:20211213115948j:plain

文禄・慶長の役の話です。

今回は「正しいもの」です。

まず、アは全体的な内容は正しいですが、

長崎だったかな?
どこだっけ・・・

と、思います。

太閤 豊臣秀吉(Wikipedia)

これは長崎ではなく、名護屋ですからxとなります。

名護屋という地名は知らなくて、大丈夫です。

長崎は、江戸時代に出島が「オランダ・ポルトガルとの窓口」になりました。

出島(Wikipedia)

「オランダ・ポルトガルとの窓口」であった長崎・出島。

交流のあった朝鮮とのなんらかの接点があったでしょう。

仮に「出島の存在」が朝鮮とは無関係であったとしても、朝鮮にとっては「日本の窓口」は気になります。

ここ、出島が
日本とオランダ・ポルトガルの窓口ですか・・・

出島が整備されたのは、江戸時代初期の1634年頃です。

年号は記憶しなくて良いので、「出島が整備されたのは、江戸初期」と頭に入れておきましょう。

江戸初期が、文禄・慶長の役(1592年〜1598年)から、「たいして時間が経過していない」ことに着目しましょう。

文禄・慶長の役と出島

文禄・慶長の役:戦国時代末期(1592年〜1598年)

出島の整備:江戸時代初期(1634年〜)

こういう年号を

全て
覚えなければ!

と考えないことが大事です。

「大体の流れ」を頭に入れておきましょう。

「ちょっと昔に戦場の最前線であったところ」を「外国との窓口」にすること。

それは、対外関係を考えるとあり得ません。

仮に秀吉が長崎から朝鮮に攻め込んでいたら、朝鮮の方からすると、

この間、
秀吉がここから攻め込んできたのか・・・

お、
おのれ・・・

どうしても、不愉快になってしまいます。

そこで、名護屋を知らなくても「長崎ではなさそうだな」と△かX(バツ)です。

イは「明が介入することはなかった」で、これは即Xです。

歴史的に「なかった」は、立証が非常に困難なことです。

これは
xだ!

実際は明が大軍を出してきたため、最前線の加藤清正・小早川隆景たちは、大変な苦闘をしました。

ウは「連行された」はありそうです。

有田焼・薩摩焼の生産に繋がったかは、よくわかりませんが、

全体的な
流れはあってそう・・・

ですから、ほぼ○です。

エは「日本と朝鮮の国交は回復しなかった」は「しなかった」で即Xでなくても、X(バツ)の可能性が高いです。

江戸期を通じて回復しなかった」というのは、「江戸期全てで回復しなかった」で全否定なのでXです。

実際は対馬の宗氏を介して、日本と朝鮮は交流していました。

国交に関しては正式な国と国の間の関係ですから、「国交があったか、なかったか」は比較的明確です。

f:id:Yoshitaka77:20211213120357j:plain

上記の感じになります。

答えはとなります。

「丸暗記」のデメリット:歴史の流れをイメージ

(ア)にした方もいらっしゃるかもしれません。

これは、長崎という単語を覚えていると、間違えてしまいそうです。

「ただ単語を暗記」していると、間違えてしまうかもしれません。

「丸暗記のデメリット」がこういう時に、出てくることがあります。

ひたすら「単語・年号の丸暗記」をしていると、「長崎」という地名から、

よしっ!
長崎・出島だ!

と誤解してしまう可能性があります。

「戦争の最前線基地」と「交易の最前線基地」を同一とすることは、ほぼありません。

なぜ、我が国を攻めた
この場所を、あの国との最前線にするんですか?

と、後になって、矛を交えた外国から文句を言われる可能性があります。

時期が近ければ大抵そういうことは「対外関係に配慮して」行わないことが多いです。

少なくとも「場所」は、変えます。

長崎は出島などの比較的平和なイメージで、文禄・慶長の役は戦争ですから、正反対なイメージです。

歴史を理解し、イメージをすることは記述式だけでなく、選択肢でも役立ちます。

こういう「勘違いしやすい問題」は、問題集や参考書を読んでいても、出てきません。

こういう
問題の出し方をするんだ・・・

早めに問題に取り組んで、「問題の出題のされ方」と「知識を強化」するようにしましょう。

文禄・慶長の役から関ヶ原へ:豊臣政権の致命傷

肥後国主:加藤 清正(Wikipedia)

文禄・慶長の役は、日本にとってデメリットしかなかった戦いとなりました。

この時、最前線で明・朝鮮と死闘を続け、文字通り「死にかけた」加藤清正ら「武断派」の武将たち。

蔚山では、
死にかけた・・・

我が日本へ、
生きて帰れた・・・

本当に、
本当に良かった・・・

対して、後方で軍需物資の輸送等の後方指揮をしていた石田三成ら官僚。

治部少輔(豊臣家の政治機関のトップ):石田三成(Wikipedia)

清正殿・・・
朝鮮では、大変な戦で疲れたでしょう・・・

ささっ、
こちらへ、茶など飲みましょう・・・

茶、
茶だと・・・・・?

こいつらは、俺が
生死の間にいた時に、ぬくぬく茶を飲んでいたのか・・・

おい、佐吉(三成の幼名)!
茶などいらん!

と、虎之助(清正の幼名)・・・
そんなに怒らなくても・・・

三成たち「文治派」と、清正ら「武断派」の武将の間に、修復不可能なヒビが入ります。

これは、加藤清正・石田三成が「若い頃から仲間だったから」こそ、発生した「大きな大きなヒビ」でした。

むしろ、もっとドライな関係だったらよかったでしょう。

つまり「秀吉が天下人となる前後に知り合った」なら、傷は浅かったでしょう。

戦国大名 徳川家康(Wikipedia)

この時のヒビをうまく利用したのが徳川家康でした。

あいつら、元は仲間なのに、
非常に険悪になっているな・・・

ふふふ・・・
清正たちは我が徳川の陣営へ・・・

そして、「豊臣家を分断する」形で、関ヶ原の戦いへと繋がってゆきます。

次回は下記リンクです。

新教育紀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次