MENU

東京の歴史を知ろう 1〜江戸から東京の歴史〜

前回は「日本の中心の東京と京都〜明治新政府による「新しい日本像」〜」の話でした。

昔の日本の国名は、「山城(京都)中心」の合理的発想で決められていました。

現在の都道府県の名前の多くは、その地域に由来のある名前・以前の藩・藩庁の名前などによります。

今回は「江戸・東京の歴史」の話です。

江戸=東京が中心・重心の日本列島(新教育紀行)

「東京一局集中」と言われる日本。

関東地方において、横浜のような大都市、様々な魅力的な街があります。

都市としての発展度・重要性においては、東京が群を抜いた存在です。

現在の東京、かつての江戸の街づくりが進むのは、1457年に、太田道灌が江戸城を築いたことがキッカケです。

太田道灌(Wikipedia)

太田道灌が江戸を選んだ理由。

それは、「江戸が発展しそうだから」ではありませんでした。

当時の勢力図から、

江戸に城を築けば、
敵に睨みをきかせられる!

と判断したからです。

現在、開けた平地で「発展しやすい」土地である東京=江戸は、かつては湿地帯でした。

「平地の湿地帯」の関東平野は、農業には向いていました。

しかし、川の氾濫も多かったため、商業には向いてなく、「都市として発展しにくい」場所だったのです。

えっ!
そうだったの?

意外だわ。

太田道灌が活躍する末期には、山城(京都)では応仁の乱が勃発し、日本中が戦場になります。

そして、戦国時代が始まります。

当時、室町幕府は京都にありましたが、その前政権・鎌倉幕府は鎌倉にありました。

鎌倉幕府初代将軍:源 頼朝(Wikipedia)

そのため、室町幕府としては「前政権のあった相模(鎌倉)を重視する」必要がありました。

そして、「鎌倉公方」という「関東の王」を作ります。

そして、「鎌倉公方」を補佐する役として、幕府の「管領」に因んで、特別に「関東管領」という役職を作ります。

関東管領となった上杉家の本拠地は当時、上野(群馬県)にありました。

そのため、当時の関東の重要都市は「相模(鎌倉)か上野」であり、武蔵(江戸)は「重要ではない」存在だったのです。

そして、戦国時代に入り、ある大名が急速に勢力を伸ばします。

目次
閉じる