MENU

細かなプラモデルを作ろう 1〜軍艦を作ろう〜

前回は「オモチャ屋さんに行こう 1〜実際にモノに触れる経験〜」の話でした。

量販店に行って、

これが欲しい!

と子どもが決めた米軍の駆逐艦のプラモデル。

「小さな子どもに軍艦は早いのでは」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、子どもの好奇心を優先しました。

「軍艦」と考えると、小学生には早いです。

「船の一つ」と考えれば、子どもが作成することは良いことだと思います。

飛行機が普通になった今の世の中でも、人・モノ(コンテナ)などの輸送に大活躍の船。

プラモデルを作ることで、船のことを知る経験になります。

こういうプラモデルには、説明がしっかりついていますが、結構細かいです。

歴史に詳しい僕も、

そうなんだ。

と新たに知ることも多くて、楽しいです。

タミヤ・アオシマなどのプラモデルメーカーが組んで作成している”Water Line Series”は非常に精巧です。

説明書の軍艦の解説は、かなり細かく軍艦の機能も細かく記載されています。

面白いね。

大人の僕が、楽しくなってきます。

早速、作成を始めます。

最初から、非常に小さなパーツが出てきました。

これはちょっと・・・

すごく小さいね。

戦艦大和作れたから、できるよ。

パパがピンセットで、
作ってみてよ。

あまりに小さなパーツなので、ピンセットでつまむのも大変です。

ピンセットでつまんでも、ピン!とパーツが飛んでいってしまうこともあります。

なんとか作成しました。

小さなパーツなので、少し接着剤多めに塗って、「外れにくい」ようにしました。

プラモデル作成が上手な方は、少量の接着剤できれいに作成できると思います。

できたね。

難しくないね。

確かに、ペーパークラフト戦艦大和に比べると「接着すれば良い」感じです。

作業は難しいけど、
あまり考え込むことはないかな。

また、小さなパーツが出てきました。

これ、どうやって接着するの?

思わず考え込んでしまいますが、とにかくピンセットで丁寧に接着してゆきます。

できてきたね。

子どもは楽しそうです。

次回は船体を作成してゆきます。

目次
閉じる