ペーパークラフトを楽しもう 1〜曲線と曲面 1〜|鍛える創造力

前回は「ペーパークラフトをつくろう 9〜立体の作り方 3〜」の話でした。

長い時間がかかったものの、なんとかペーパークラフトの戦車完成に至りました。

最初は、あまり乗ってこないと思っていた子どもが、

また作りたい。

と言います。

こういう風に、何かやった後に「もっとやりたい」と子どもが言うときは、出来るだけ一緒にやってあげたいです。

ペーパークラフトを、色々と探します。

せっかくだから、
似たような方向性も良いかな。

と思って、同じ歴史群像で昨年、戦艦大和のペーパークラフトがあったのを思い出しました。

昨年は、子どもに

一緒に作ってみる?

と聞いてみたら、

出来ないよ〜。

と言われ、やらないままだったのです。

今回、同じペーパークラフトを見せてみると、

作ってみる?

うん。作りたい!

昨年は、小学校1年生で、今年は小学校2年生です。

この1年の差は大きいですが、やはり「一度やってみて、出来たから、出来るはず」と思うのでしょう。

中学受験においても、「出来る・合格すると思う」ことは、非常に大事です。

せっかく、子どもがやる気になったので、作成開始です。

前回の戦車と大きく異なり、船は形が複雑です。

結構大変そうだな。

パーツをつなげて、船体が出来てきました。

細長いパーツで、ハサミで切るのは難しそうですが、子どもに切ってもらいました。

ちょっと難しい・・・

うまく切れてるじゃない。

船は、「まっすぐに近い」線でも微妙に曲がっている部分が多いです。

微妙に湾曲したパーツを、紙で再現するのは、なかなか大変です。

ほら、ここ触ってみて。

曲がっているのが、分かるでしょう。

あっ、本当だ。

この微妙な曲線が、戦車とはだいぶ異なる部分で、作るのは大変ですが、なかなか面白いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次