MENU

少しでも得意にして、入試当日に得点を高めよう!|中学受験の算数

前回は「直前期 算数のもう少し学力上昇が欲しいお子様へでした。

先日、入試当日の休み時間に塾のクラスメートの発した「何気ない言葉」に衝撃を受けた話をしました。

算数の大問1題の出来を左右しかねない言葉に、思わず動揺してしまった話でした。

受験において算数の出来具合の影響はとても大きいです。

全教科の中でも、特に算数は少しでもパワーアップしておきたいです。

直前期は、復習を中心にして「学んだことの確実な習得」を目指すのが最善です。

「復習=見たことのある問題」ですので、当日「初めて取り組む問題」を解くためには、1題ほど初見の問題に取り組んだ方が良いでしょう。

「解けない場合に自信を無くす可能性がある」ので、「初めての問題を解かない」という考え方もあるかと思います。

僕はそれも一つの考え方かと思います。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

お子様の性格に合わせて、親御様がお決めになるのが一番良いかと思います。

初めての問題で出来なかった場合でも、「当日でなくて良かった!」と前向きに考えましょう。

当日できれば良いのです。

また、当日は解く問題を上手く選ぶことも重要です。

初見の問題を前にして、当日の予行練習として「どの問題から取り組むか」をイメージしてみるのも効果あるでしょう。

算数は1点、2点ではなく、5点、10点と大きく点数アップの可能性があります。

その意味では、社会や理科の暗記にあまりこだわるよりも、きちんと算数で得点を上げられるようにすることも大事です。

算数で少しでも点数を取れるようにして、一歩でも二歩でも合格に近づきましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる