MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 8|中学への算数6月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 7」の話でした。

中学への算数6月号のご紹介です。

「図形と比・割合」に関する良問が、盛りだくさんですから、GWに積極的にやってみましょう。

目次

図形問題(p5)

「図形を動かす」や「図形に固定した紐を動かす」問題で、昔から典型問題です。

全問しっかりやるのが良いですが、問題数が多いようでしたら(5)は除いて良いでしょう。

これは「分かりやすい」し「イメージすること」が大事です。

でも、意外と「なかなか分からない」問題です。

あるいは、ざっと絵を描いて「出来た!」と思ったら、「少し抜けていた」とか「ちょっと違う」が多い問題です。

典型的な問題が網羅されているので、ぜひしっかり理解しましょう。

描いてみたけど、
なかなか分からない・・・・・

という方は、一度、実際に厚紙を切って「目の前で図形を動かして」みましょう。

中学への数学では、大抵一番後ろに厚紙で作成した「展開図」などがあります。

これは非常に良い姿勢です。

「切って、実際にやってみましょう!」ということです。

問題集・参考書によって、「良い解説」「分かりやすい解説」など様々ですが、実際に厚紙がある本は少ないです。

それは「製本過程で一手間かかる」「コストがかかる」などの理由があるのでしょう。

それでも「子どもたちに、実際に切ってやって欲しい!」という信念が感じられる、中学への算数。

僕はこういう姿勢が、非常に好きです。

ちょうどGWで時間がありますから、親御様も一緒に、文房具屋さんで購入した厚紙を色々切って、回してみましょう。

一回しっかりとやってみると、「ああ、こういうことかな」と少しずつ分かります。

このプロセスが、非常に大事です。

グルグル回してみて、「ここでこうなって・・・・・」と実際に体感することが大事です。

その「一度体感する・体験する」姿勢があると、だんだん分かるようになるでしょう。

塾などでも先生が、白板に描いて「こうなるから・・・・・」と説明して、「うんうん」と分かった気になってしまいがちな問題が、これら「動く図形」問題です。

一問一問しっかりと理解しましょう。

でも、難しいよ・・・・・
出来るようになるかな・・・・・

こういう「動く図形」問題は、イメージするのが簡単そうで難しいので、大人でもしっかりできる人は少ないです。

厚紙切って、回してみるのをみていると、オモチャみたいで楽しく感じられませんか。

意外と面白いかも

そういう気持ちが大事です。

こういう「実際にやってみる体験」は本質的で非常に大事です。

楽しみながら実際にやってみましょう

割合と比(p6)

いずれも頻出タイプの問題なので、これは全問やってみましょう。

棒グラフを描いてみたり、面積にして分かりやすく描いてみて、考えてみましょう。

てんびん算も良いでしょう。

割合・比の問題は、基本をしっかり理解できていれば、ちょっと難しい問題でも出来るようになります。

逆に「基本がしっかりしていない」と、

全然分からないよ・・・・・

になってしまいます。

その意味では、「基本が分かれば得点しやすい」お得な分野とも言えます。

未知数①をおいて考えることが多いですが、この考え方をしっかり理解しましょう。

7月頃には、これらの問題は、見たらすぐにパパッと出来るように、しっかりやってゆきましょう。

目次
閉じる