MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 6|中学への算数5月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 5」の話でした。

「中学への算数5月号」から、良い問題・考え方のご紹介です。

5月12日

面白い問題です。

こういう「創作問題」が出てきた時に、「どういうことかな?」と考えて、早めに状況を理解できるようになりましょう。

6月頃には、こういう問題に出会ったら「あっ、こういうことだね」とすぐに分かるようになるようにしましょう。

「一部読めない」など変化球が来たときに、「大事なことは何かな?」を考えましょう。

自分で具体例を作って考えてみると、とても良い勉強になります。

f:id:Yoshitaka77:20220120121419j:plain

5月17日

年齢を題材にした頻出タイプです。

「変わらない差」をしっかり押さえて、棒グラフを書いたりイメージ膨らませてみましょう。

年齢の話は現在・過去・未来が出てきますが、それぞれの人の年齢が「どうなるか?」をイメージしながら、棒グラフを伸ばしたり縮めたり描いてみましょう。

5月25日

八百屋さんの話です。

みかんなどをイメージしながら、箱やパックが出てきたら、それを描いてみましょう。

みかんなどは◯で表記してもよいので、「パックや箱に、みかんが入っていて・・・・・」と自分で絵を描いて整理してみましょう。

解答にはそういう図がありませんが、それは紙面の都合もあります。

応用問題は自分なりに整理することが、最初の・最も大事なステップです。

この「自分なりに整理すること」は、塾や参考書で学んだやり方でも良いし、「自分なりオリジナルでも良い」のです。

日頃、勉強している時に、すぐに立式せずに「状況を絵に描いてみる」ことをやってみましょう。

面倒がらずに、自分で「りんごが、みかんが・・・・・」と描く練習をしていると、そのうちに、問題を見たらパッとイメージが湧くようになります。

その「湧いたイメージ」が、問題を解く鍵を発見する「大きなきっかけ」になります。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる