EGWグループの方へ|中学への算数7月号

前回は「Eグループ中学志望のお子様へ 10」の話でした。

「中学への算数7月号」に関する話は、全グループの受験生を対象とした話です。

いつも巻末に厚紙で作る立体等の付録がある、中学への算数ですが、今号は特にオススメです。

立方八面体という「立方体の各辺の中点を結んで出来る立体」の問題を、「具体的に立体を作って考えよう」です。

これは非常に良いですね。

立体の問題は、「辺と面を押さえる」ことがポイントになります。

そして、切り口の問題は、「どこに切り口の辺が出来るか?」を考えることがポイントです。

基本的な考え方は、この通りですが、

なんかよく分からない・・・

という子どもが多いです。

それは「イメージすることが難しい」ので仕方のないことですから、出来るだけ体験しましょう。

以前、「豆腐などを切ってみる」話をしました。

実際に切るのも良いですし、今号の付録はオススメです。

立方八面体は、「作り方はシンプルだけど、分かりにくい」立体です。

今回は、甲陽学院2021年の問題を具体例に取り上げています。

少し難易度が高い問題ですが、立体問題がよく出る学校や難関校〜最難関校志望の方は、参考にしてください。

甲陽学院は、Gグループに入る学校と考えます。

「中学への算数」内の記事も丁寧で、分かりやすいです。

この立方八面体を作るだけでも、本号を購入する価値があるでしょう。

一度、しっかりと目の前の立体を体験すると、理解力が大きく進み、立体への自信が生まれます。

紙の上で描きながら

ここが切断されると・・・

と考えるのも大事ですが、一度作ってみましょう。

塾などでそういう教材があるかもしれませんが、こういう立体問題は、こういう「体験型教材」があると良いですね。

「体験」は、特に子どもにとっては、非常に大事ですね。

一度、体験すれば「似たことはイメージできる」のですが、体験がないと、なかなか難しいです。

「中学への算数」は沢山の記事のストックがあるでしょうから、立体問題をまとめて、「掲載されたほぼ全ての立体問題の付録付」の増刊号があると、中学受験生は喜びそうです。

過去の記事そのままでも、少し手を加えていただいても、「体験できる立体」が付録にあると、とても良いですね。

10年前・15年前の過去問でも、面白い立体問題・切断問題などが付録付きであると、理解が大きく進みそうです。

付録は、子ども本人が作るのが望ましいですが、小学6年生は時間に追われているかもしれませんから、親御様が作ってあげても良いでしょう。

甲陽学院は、2022年も回転体が出題されていますので、志望の方はぜひ。

3次元の立体に自信ができると、2次元の平面図形にも自信ができるでしょう。

ぜひ、お手に取ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次