MENU

適度な自信を持つ大事さ 1|小学生〜高校生の大事なこと

前回は「理科の学び方 1」の話でした。

今回は、小学生〜高校生の教育・受験全般に関わる話です。

それは「適度な自信を持つ大事さ」の話です。

威人紀行では、様々な人物をご紹介しています。

「威人」に選ばれる時点で、その人物が「人並外れた際立って優れた人物」でありますが、いずれの方も「自己に大いなる自信」を持っています。

山口多聞は、小さい頃からずっと優秀で「自分に自信があった」からこそ、「強い気持ちを持てた」とも言えます。

また、スチムソンの経歴は後程詳しくご紹介しますが、イエール・ハーバード大学を出た弁護士です。

なんだ。みんな超頭いいから、
自信があったんじゃん。

僕は、そんなに成績良くないし、
自信持てと言われても・・・

と、お考えになるかもしれません。

確かに、そういう側面はあります。

では、彼らが自信を持つに至る、「優れた成績」を持つ前はどうだったのでしょうか?

それは、本人も分からなかったのでは
ないかしら

確かにそうかも知れません。

実際は、本人に聞くしかないでしょう。

ただ、後になって「あの時どういう気持ちでしたか?」というのは、みんな意外とあやふやです。

これは、子どものみなさんが大人になって、大学生〜社会人になると分かるでしょう。

「何をしたか?」すら意外とあやふやですから、「何を考えていたか?」というのは、不明確です。

「その時思っていたこと」は、後になって自分の「思い込み」であることもあります。

いずれにしても、「出来ない」とか「自信がない」と思っていて、「やってみたら出来ちゃった」というのは少ないのが現実です。

えっ、そうなの?

まずは、自分に適度な自信を持ちましょう。

それがないと、なかなか進みません。

でも、問題解けなかったり、成績悪いと
自信がなくなる・・・・・

受験生は、点数・偏差値が出てくるので、「良くないとがっかりする」でしょう。

それは誰しもそうなのです。

まずは「自分に出来ること」をしっかり意識しましょう。

僕、算数の比とか割合は
結構出来るよ

でも、立体図形が
よく分からない・・・

ある一分野が出来ていれば、少し発想を変えて、取り組んでみれば、少しずつ出来るようになるでしょう。

小学生の算数の学力は、多少「センス」や「ひらめき」の影響があります。

実際には、成績・点数による「学力の違い」は、「習得・訓練のレベル」による影響が強いことが多いです。

「出来る!」と思って、習得することを目指すのが最善です。

「出来ること」を大事にしながら、他のことも「やってみれば出来るはず!」と考えて、どんどんやってみましょう。

目次
閉じる