MENU

山崎直子 5~読書と教育〜|威人紀行

前回は「山崎直子 4~読書から学ぶこと〜」の話でした。

宇宙飛行士 山崎 直子(Wikipedia)

読書と教育に関して、さらに考えてみます。

目次

知らない世界を広げてくれる読書

最初に買ってもらったのは、
「誰も知らない小さな国」です。

僕は読んだことがありませんが、「コルボックル物語」シリーズが大好きだった山崎。

あの物語を読むと、家の庭の草の陰や近所の小山にも
コルボックルがいるような気がして・・・

想像力が豊かになったようです。

目に見えないところに、知らない世界があることを
教えてくれた本です。

読書によって、この「見えない世界を知る」ことが非常に大事です。

さらに、挿絵や活字から様々イメージして、想像力が逞しくなるのが、最も良い面でしょう。

本は世界を広げてくれる

小さな頃から、読書が大好きだった山崎。

自分から「読みたい」シリーズたくさんあって、他には星新一、井上ひさしなどを読んだようです。

親などから「読むように言われた」のではなく、「自発的に読んだ」ことが非常に大事です。

「活字離れ」が進んでいる、と言われますが、
とてももったいないことです。

周囲の大人が本を読む姿を見せたり、
誕生日やクリスマスにプレゼントすると良いと思います。

まさに、「主体的に」読書する姿勢を作ることは、本質的教育で最重要だと思います。

自然に本を手にとるようになれば
いいかな、と思います。

子どもと一緒に図書館に行ったり、書店に行くのは、とても良いことです。

最近便利な、ネットショップ。

大人はたくさん使います。

なんと言っても、検索一つですぐに届く便利さが良くて、僕も多く利用しています。

でも、やっぱり書店に行くことが楽しい。

あの、本を手に取って「どんな本かな?」と、ちょっと立ち読みするのは、非常に面白い。

立ち読みしすぎるのは、本屋さんに申し訳ないので、子ども達も「チラッと」立ち読みして、好きな本を手に取りましょう。

育む自発性・主体性

読書が大事なことは当然ですが、「読書を強いる」のは、あまり効果的でないでしょう。

場合によっては、「読書が好きでなくなる」可能性があります。

山崎の言う通り、「自然と本を手にとる」のが良いと思います。

そして、子どもの主体性・自発性も喚起するような姿勢が最も望ましいと考えます・

子どもが手にとる本が、山崎のように「大人から見て良い本」であることが、望ましい姿でしょう。

しかし、なかなか子どもは、そうはいきません。

僕も子どもと一緒に書店に行って、図鑑や「ドラえもんシリーズの学び系」の本を進めます。

これがいいんじゃない?

しかし、子どもが自発的に手にとるのは、ポケモンだったり、「普通の」ドラえもんシリーズなどです。

まあ、好きならいいか。

と考えて、

こっちにしなさい!

とは言わないようにしています。

主体性を育てる姿勢がいいですね。

目次
閉じる