MENU

出来る問題・覚えている問題は「即答」出来るようにしよう|中学受験

前回は「『暗記』というよりも『知識を習得する』と考えよう」の話でした。

いよいよ関西圏はまもなく入試当日となり、首都圏は残り20日程になりました。

算数は、これまでに取り組んだ問題の確実な習得目指して、しっかり復習しましょう。

ノートでも紙でも、頭で考えるだけではなく実際に手を動かして、考え方・解法をきちんと身につけましょう。

理科・社会の記述式・論理問題は、文章やグラフなどを理解する思考を復習しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220104094459j:plain

理科・社会の暗記問題に関しては、選択問題は4つ程度の文章が出ますが、出来るだけ早く確定するようにしましょう。

そして、人名・出来事などを答える問題は、知っている問題は「即答出来るように」しましょう。

「分からない」「知らない」問題にこだわり過ぎず、他の問題を確実にしましょう。

特に小問形式の「出来る問題」は、問題文を見たら「パパッと手が動いて、解答に至る」ように心掛けましょう。

社会の問題は、知っている場合「パッと分かる」ように心がけましょう。

机の上で瞬発力をつけて対応するイメージが良いでしょう。

当日をイメージして、頑張ってみましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる