MENU

後藤新平 12〜苦しみを超えて〜

前回は「後藤新平 11〜「賊」の苦しみ〜」の話でした。

後藤 新平(Wikipedia)
目次

挫折を糧に

威風堂々とした仙台藩という名藩の武家に生まれた新平少年。

そのまま、徳川幕府の時代が続けば、仙台藩に尽くした人物となったでしょう。

しかし、急転直下「賊」になった後藤少年は、大いなる挫折を味わいます。

11歳、小学校5年生にとっては、あまりにも辛い事態でした。

悲しい・・・

実は、この後に本人の性格もあって、更なる挫折を経験する後藤新平。

更なる大きな挫折を経験しますが、それでも後に後藤は、

この時(賊軍の汚名)ほど、辛いことは、
なかった・・・

と振り返っています。

賊となったが・・・・・

なんとか頑張ろう!

それしかない!

前向きに頑張ってみようとします。

仙台藩から胆沢県へ

前向きになった後藤少年。

仙台藩は「胆沢県」となります。

そこに、後藤の人生を変える人物がやってきます。

安場 保和 胆沢県大惨事(副知事)(Wikipedia)

新たに仙台藩を治める行政官としてやってきたのは、安場 保和 胆沢県大惨事(副知事)でした。

非常に進歩的な安場は、熊本藩出身で、高名な横井小楠の門下生でした。

横井小楠

幕末維新期には、あまり大きな活動をしなかった熊本藩。

朝廷にも幕府にも重んじられてきた細川家は、伊達仙台藩や島津薩摩藩同様に「別格」として扱われます。

そして、江戸期を通じて「領地替え」をされず、54万石という巨大な藩を運営し続けます。

幕末、藩としては大人しかった熊本藩ですが、横井小楠という重要な人物を輩出します。

参与 横井小楠(Wikipedia)

大変な秀才だった横井小楠。

彼の名前は、楠木正行(小楠公:楠木正成の息子)にあやかっています。

山口多聞は、「楠木正成の幼名の多聞丸」からでしたが、楠木正成の影響の大きさがわかります。

そして、熊本藩で私塾を開いた横井小楠。

参議・海軍卿 勝海舟(Wikipedia)

幕末に勝海舟や坂本龍馬と会って、様々議論します。

多くの人物から、その学識の高さ・未来を見通す力で絶賛されます。

中でも、横井小楠を非常に買っていた勝海舟。

天下で恐ろしい人物が二人・・・

それは西郷隆盛と横井小楠!

なんと、あの西郷隆盛と同格に評価されます。

西郷 隆盛(国立国会図書館)

この横井小楠門下生の安場との出会いにより、後藤少年は運命の扉を開きます。

目次
閉じる