MENU

Henry Stimson 5〜日米における陸軍長官〜|威人紀行

前回は「Henry Stimson 4〜悪化する日米関係〜」の話でした。

Henry Stimson 陸軍長官(Wikipedia)
目次

ルーズベルト大統領とスチムソン長官

日本軍による真珠湾奇襲攻撃によって、第二次世界大戦参戦した米国。

Franklin Roosebelt米大統領(Wikipedia)

1941年12月から、日本が降伏した1945年8月までの4年弱の期間、スチムソンは陸軍を統括し続けます。

長きに渡って陸軍長官として、陸軍を指揮したスチムソン。

軍人ではなく、弁護士出身ながら、冷静に陸軍を統括し続けます。

異例の三選を果たしたルーズベルト大統領は、なんと戦争中に四選を果たします。

米国史上、類を見ない異例事態でした。

トルーマン大統領とスチムソン長官

しかし、ルーズベルト大統領は戦争末期に、病気で亡くなってしまいます。

変わって、大統領となったのは副大統領だったトルーマン大統領。

Harry Truman米大統領(Wikipedia)

ルーズベルト大統領の急死という事態のため、トルーマン大統領は組織を継承します。

そして、スチムソンは陸軍長官を終戦まで続けました。

スチムソン長官。
引き続き陸軍を頼みます。

陸軍はお任せを。

日米における陸軍大臣の立場

日米の陸軍最高幹部

陸軍長官(陸軍大臣):軍政(人事・行政などの維持管理)の最高責任者

参謀総長:軍令(戦争・戦闘などの作戦指揮)の最高責任者

陸軍の組織は、日米で似ていました。

日米共に、軍政の陸軍長官(大臣)と軍令の参謀総長の二頭体制だったのです。

日米開戦時の米政府・陸海軍主要ポスト(図説 日米開戦への道 平塚敏克著 河出書房新社)

陸軍長官(大臣)と参謀総長は、「どちらの立場が上なのか?」は、米国は陸軍長官でした。

対して、日米開戦時の首相だった東條英機首相。

東條 英機 内閣総理大臣(WIkipedia)

なんと東条総理は、陸軍大臣と内務大臣を兼任しました。

日米開戦時の政府主要ポスト(図説 日米開戦への道 平塚敏克著 河出書房新社)

そして陸軍は「参謀総長がボス」だったのです。

つまり、「日本政府と日本軍は別」でした。

日米開戦時の陸軍主要ポスト(図説 日米開戦への道 平塚敏克著 河出書房新社)

この日米の大きな組織の違いこそが、東條首相が陸相を兼ねた大きな理由の一つだったのです。

目次
閉じる