MENU

プラモデルを色々な角度から見てみよう

前回は「プラモデルから仕組みを理解しよう」の話でした。

前回は、バラバラになってしまったプラモデルも、「一度作った体験」で復元できる話でした。

子ども〜青年の頃作っていた方の多くが、大人になると作る機会がグッと減るプラモデル。

僕も、プラモデルを作るのは、10年以上振りでした。

「おもちゃ」といえば、おもちゃですが、「つくる」というプロセスがあるのが大事だと思います。

今回は、ガンダム三国志シリーズを作ってみましょう。

今まで、関羽・呂布・劉備・曹操・孫堅など作りました。

今回は、荀彧です。

子どもがパッケージを見て、決めたのですが、

荀彧って・・・

と思いました。

荀彧は曹操の参謀・軍師役ですが、諸葛亮とは違って、あまり戦場には関わってないからです。

とは言っても、子どもが「好き」なのが良いので、荀彧に決定しました。

まずは、頭から作成して、続けて胴体を作ってゆきます。

このシリーズは、基本的な「つくり」は共通しています。

慣れてくると、あまり説明書読まなくても、子どもは作ってしまいます。

説明書、読まなくていいの?

大丈夫だよ。

似てるから、分かる。

子どもなりに、共通点を自然に把握しています。

プラモデル作る時は、どんどん先に行きたくなりますが、作っている過程も楽しみましょう。

ちょっと違う角度から、見てごらん。

うん。こうして見ると・・・

腰の部分が出来ました。

両手・両足もできてきて、後は合体です。

このシリーズは、全体的な構成・関節部分は共通しているパーツが多く、合理化されているのが、良く分かります。

そして、各武将の個性・カラーを、全体像と細かな部分で表現していて、非常に凝った作りです。

完成です。

黒い銃を二つ持って、赤いゴーグルしたガンダムです。

プラモデルは、完成したら、色々な角度から見てみましょう。

ほら、ここが、こうなっているよ。

面白いね。

中学生以上になると、プラモデルは「作ったら、飾る」ですが、小学生は遊びます。

その過程で、色々な角度で見ていますが、「意識してみてみる」と面白いです。

「パーツがどのように繋がっているか」「影がどのように変わるか」など、立体ならではの面白さがあります。

この「立体であること」が、二次元の絵やテレビと大きく異なることです。

「立体を楽しむ」姿勢が「立体感覚」を磨き、算数も得意になってゆくと思います。

目次
閉じる