MENU

記述式問題への考え方 1〜今後増加する記述式〜|中学受験

前回は「算数の効果的学び方 1」の話でした。

中学入試を考えるとき、「志望校の試験のスタイル」は非常に大きな問題です。

「暗記教育のぜひ」が長らく議論されている中、記述式は今後増加するでしょう。

「記述式」と「答えのみ・選択式」に大きく分かれ、近年の難関校〜の問題を見てみると、「解答のプロセス」を書くように求めることが多いです。

上記記事は「小学生の4割が記述問題が苦手」とあります。

2010年の記事ですが、こういう傾向は今でも変わらないと思います。

この記事では「記述問題、漢字・語句、抜き出し問題、記号問題の中で苦手なのはどれ?」が問いです。

その場合、「記述問題」が筆頭に上がりやすいと思います。

f:id:Yoshitaka77:20211025173612j:plain

「あまり、記述は得意でなくて・・・・・」というお子様で、もし麻布・武蔵のように「意見を含む記述試験」が出る学校が志望校の場合、親御様は悩むかも知れません。

「良いから、書いてみなさい。」と言ったところで、「だから、書く内容がわからないんだよ・・・・・」というのが、お子様の本音かも知れません。

武蔵は特に「自分なりの意見を持つこと」が奨励されます。

「正しいか、正しくないかは別。まずは自分の意見を持て。」という教育理念です。

また、麻布でも「はっきりした意見」を求めています。

こういう問題が「得意でない」と考えているお子様は「苦手」と思い込んでいる可能性が高いです。

ある程度の素養はあった方が良いですが、基本的に「自分が思ったこと・考えたこと」を自由に書いてもらうように促してみましょう。

多くの受験生が読んでいる「小学生新聞」があります。

「要約する」も良い勉強ですが、「読んで何を感じたか」や「どう思ったか」を簡単で良いですから、お子様に書いてもらうようにしましょう。

書いているうちに「書くのは意外と面白いかも」と思ってもらうのが一番良いです。

「正解」を求めがちな受験ですが、そうではなく「自由に意見を考える、書く」楽しさを早い段階で感じてもらいましょう。

短くても良いので、日々やってみましょう。

中学受験に向けて大きな力になり、将来「自分で考えることができる」人物に育つでしょう。

目次
閉じる