MENU

効果的に学習して、合格へつなげてゆこう!|中学受験の算数

前回は「志望校の教育理念が現れる問題に対する感性から、志望校を考えてみよう!」でした。

今回の内容は、主に4~6年生を対象とした算数学習法で、直前期の6年生のお子様にもお役に立てる話も含みます。

算数は「沢山の問題をこなすと学力が上がる」ように感じてしまいます。

ついつい新しい問題集や分厚い問題集に手を出したくなりますが、参考書・問題集は出来るだけ絞りましょう。

特に分厚い問題集は避けましょう。

子供の立場になったら「これをやらなければならないのか。はあ〜」と絶望的な気持ちになってしまいます。

「問題を繰り返しやる」には、問題集のコピーや、通っている塾のプリントでもいいです。

一番良いのはお母さん(お父さん)が普通のノートに出来なかった良い問題を手書きでまとめる事です。

手書きで問題文や図形等を書いて余白を残し、そこに再度お子様に解いてもらうのが一番良いです。

良質な問題をお子様が出来て・納得いくまで、何度もやってみましょう。

きちんと消化・吸収し、解答方法を自分のものとしましょう。

思考力・応用力が広がり、学力がすごく上がるでしょう。

これから日が短くなって、朝の日の出が遅くなりますが、朝の薄暗い時から起きて、日が出てきて、明るくなると気持ちも明るくなります。

夜更かしして遅くまで勉強するよりも、朝早起きして勉強する方が学力が上がり、子供の成長にとっても良いです。

「朝起きて眠たくて、まだ胃が働いてないのに朝ごはんを適当に食べて」よりも、「早起きして少し勉強して、お腹が空いてきたから、美味しく朝ごはんを食べる」方が健康的です。

やってみましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる