山口多聞 39〜悪夢から反撃へ〜|ミッドウェー

前回は「山口多聞 38〜運命の瞬間〜」の話でした。

山口多聞 司令官(Wikipedia)
目次

米軍の急降下爆撃

米SBDドーントレス爆撃機(歴史群像2002年2月号 学研)

「あと五分で発艦」という時、十数機の米軍の急降下爆撃機が日本の空母に襲い掛かります。

面舵一杯!

取舵一杯!

必死に操艦する、各空母の艦長たち。

米SBDドーントレス爆撃機(歴史群像2002年2月号 学研)

米軍のSBDドーントレス爆撃機から、爆弾が落とされました。

そして、空母赤城・加賀・蒼龍の飛行甲板に直撃しました。

ドカ〜ン!ドカ〜ン!猛烈な凄まじい爆音が鳴り響きます。

ちょうど、空母には発艦間際の燃料満タンの航空機、交換したばかりの魚雷・爆弾がありました。

それらの燃料・魚雷・爆弾が次々と誘爆し、空母赤城・加賀・蒼龍で炎が燃え上がります。

大きな火柱が立ち上りました。

そして、大勢の将兵の絶叫が響き渡ります。

一瞬の出来事でした。

まさか・・・

絶句する山口司令官。

米軍機の攻撃を回避する空母飛龍(Wikipedia)

幸い、空母飛龍のみは周囲の空母と距離をとっていたので、被弾を免れました。

しかし、空母赤城・加賀・蒼龍は大炎上し、もはや戦闘不能であることは明白な事態。

そして、この数分間で大勢の戦友たちが「この世から消えている」現実。

くそっ!

軍人といえども、並の神経では卒倒してしまうような事態です。

芯が強い将軍でも、思考停止となってしまう事態。

しかし、持ち前の闘志をもって、山口司令官は戦うことを即決断します。

反撃だ!

米空母を倒すぞ!

軍令違反へ

南雲忠一 第一航空艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

もはや、赤城司令部の南雲長官・草鹿参謀長は作戦指揮ができません。

この状況では、「次席指揮官」が「臨時の司令長官」となります。

No.2とも言える第二航空戦隊司令官だった山口司令官ですが、次席ではありませんでした。

実は、次席指揮官は別にいました。

山口司令官より海兵卒業期が上の阿部司令官です。

主に年功序列による日本海軍の軍令承行令によります。

本来、この時点からは阿部司令(長)官の指揮下に山口司令官は入ります。

これまで大きな軍令違反は一度も犯したことのない、優等生の山口司令官。

軍令によると、
阿部さんが指揮官となるが・・・

しかし、この絶体絶命の中、山口司令官は決断します。

航空戦は、私でなければ、
ダメなのだ!

おい、私が指揮官となることを
全部隊に知らせよ!

ははっ!

人生初めて大きな軍令違反を犯した山口司令官。

航空戦指揮官へ

第二航空戦隊 空母飛龍(Wikipedia)

我、これより
航空戦の指揮を執る。

飛龍から各艦隊へ、山口司令官が指揮を執る事を通知します。

そして、自ら進んで艦隊指揮官となります。

見ていろ!

米空母を
叩き潰してみせる!

日本海軍の中で非常に大きな期待を寄せられていた、山口司令官。

ついに、初めて「事実上の司令長官」として航空戦の指揮を執ります。

指揮下の空母は、わずかに一隻。

そして、絶体絶命の中、溢れんばかりの闘志をもって米軍へと立ち向かう山口司令官。

我が航空戦の真髄を
見せてやる!

山口多聞 第二航空戦隊司令官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

そして、この戦いが山口司令官の「最後の戦い」となる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次