MENU

山口多聞 11〜かつての世界一の強国・英国との戦い〜|威人紀行

前回は「山口多聞 10〜真珠湾後の奮闘〜」の話でした。

山口多聞 司令官(Wikipedia)

大英帝国にとって特別な「Prince of Wales」の名前を冠した戦艦が、出撃してきました。

目次

英海軍を模倣した日本海軍

真珠湾奇襲攻撃で、「空母による航空機部隊の強さ」を見せつけた日本海軍。

この時点では、確かに日本海軍は世界の海軍で最強でした。

中国を含むアジアで、長年戦争をしてきた日本海軍。

パイロットたちの熟練度も高く、非常な強さを誇っていました。

しかし、明治維新で「英国から海軍を教わった」日本。

英国が「上から目線になる」のも、当然でした。

日本海軍など、我が英海軍の
敵ではないわ!

日本海海戦の東郷平八郎 連合艦隊司令長官の座乗する戦艦三笠も、実は英国からの輸入品です。

戦艦三笠と東郷平八郎 連合艦隊司令長官(Wikipedia)

英海軍を凌駕する日本海軍

しかし、すでに日本海軍は英海軍を上回っていました

日本海軍の航空隊は、「Prince of Wales」をあっさり撃沈します。

Winston Churchill英首相(Wikipedia)

チャーチル首相、大変悲しいニュースです。

わが戦艦”Prince of Wales”が、
日本海軍に撃沈されました・・・

は?・・・・・

”Prince of Wales”が撃沈された、だと・・・

・・・・・

そんな馬鹿な・・・

夢ではないのか・・・

戦後、

この時ほど、大きな衝撃を
受けたことはなかった・・・

と告白したチャーチル首相。

英国を叩いたのは、
大いなる戦果だ!

やはり、これからの主力は
戦艦ではなく、空母だ!

連戦連勝の日本海軍

つい最近まで世界一だった英海軍に対して、快勝した日本海軍。

まさか・・・・・

あまりに大きな衝撃を受けたチャーチル英首相。

強気で鳴らすチャーチル英首相といえども、しばらく立ち直れなかったほどです。

南雲忠一 第一航空艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

山口司令官の所属する第一航空艦隊は、空前の強さを見せつけ、連戦連勝します。

我が日本海軍は最強だ!

しかし、油断はしてはならない!

たくさんの空母を保有し、特に第一・第二・第五航空戦隊は、目覚ましい戦果をあげます。

第二航空戦隊 空母飛龍

第二戦隊司令官の山口司令官。

我が日本海軍が強いことは、
非常に誇りに思うが・・・

少し、勝ちすぎではないか・・・

連戦連勝すると、誰でも「驕り」が生まれます。

目次
閉じる