MENU

山口多聞 10〜真珠湾後の奮闘〜|威人紀行

前回は「山口多聞 9〜強き意思と高い意識〜」の話でした。

山口多聞 司令官(Wikipedia)
目次

真珠湾奇襲攻撃の結果

山口も大いに奮った真珠湾奇襲攻撃。

真珠湾を奇襲攻撃する日本海軍(歴史街道2021年12月号 PHP研究所)

しかし、米空母が不在で、工廠(修理・整備工場)・石油タンクを攻撃しない中途半端な結果に終わりました。

挙句の果てに、外務省の不手際によって、「宣戦布告前の奇襲攻撃」となりました。

奇襲攻撃直後のルーズベルト大統領の演説(歴史人 2021年8月号 ABCアーク)

この失態は、「米国が仕組んだ罠」という説もあります。(諸説あります)

いずれにしても、取り返しのつかない大失態です。

ルーズベルト大統領は、大いに活用して宣伝します。

Franklin Roosebelt米大統領(Wikipedia)

真珠湾は、
奇襲攻撃ではない!

ただの「騙し討ち」なのだ!

この卑怯者ジャップ(日本人の蔑称)を、
米国は全力で叩き潰す!

リメンバー・パール・ハーバー!

全く予想だにしたなかった展開です。

真珠湾攻撃後の奮闘

こんな馬鹿な・・・

ルーズベルト大統領の演説・宣伝もあり、「日本は卑怯者」がすっかり定着してしまいます。

おのれ・・・

「卑怯者」は、武人として
絶対に勘弁ならん!

しかし、もう「後の祭り」でした。

こうなっては、米軍をとことん
叩き潰すのみ!

第二航空戦隊 空母飛龍

空母飛龍・蒼龍を率いて、山口司令官は太平洋からインド洋にかけて、猛烈な奮闘を続けます。

1941年ヨーロッパ・アジア支配圏(歴史人2021年8月号 ABCアーク)

ヨーロッパ大陸で猛威を振るっていたドイツ軍。

それに呼応するかのように、枢軸国・日本もまた大いに奮戦します。

太平洋から大陸にかけて、非常に広大な支配権を確立したのです。

英海軍との戦い

大いに勇んで参戦してきた米国。

ここで大喜びなのがチャーチル英首相です。

Winston Churchill英首相(Wikipedia)

当時、英国はヒトラー率いるドイツに押しまくられていました。

事実上、「降伏寸前」まで追い詰められていました。

Adolf Hitler独総統(Wikipedia)

これまでは、
ドイツにやられってぱなしだったが・・・

米国さえ参戦すれば、こっちのものよ!

日本海軍なんぞ、
英国海軍の弟、というか子分だろう!

よし、我が大英帝国の
最強戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」出動!

アジアの日本海軍を、
木っ端微塵にせよ!

広大な植民地を有するアジアで、日本海軍に反抗を目論みます。

英国戦艦 Prince of Wales

英国および英国民にとって、特別な名前である「プリンス・オブ・ウェールズ」。

私たち日本人が、戦艦「大和」という名前に対して、特別な感慨を感じるのと同様な思いがあります。

いわば、「英国にとっての大和」である「プリンス・オブ・ウェールズ」。

この英国最強の戦艦が、アジア・マレー沖で日本海軍に向かってきたのでした。

目次
閉じる