MENU

自宅でロケット飛ばそう 2〜実験装置をつくろう〜|学研の科学

前回は「自宅でロケット飛ばそう 1」の話でした。

学研の科学(学習研究社)

今度は「ロケット台」の作成です。

このパイプをセットしてみて。

うん。これは何?

ここから、ロケット飛ばすんだよ。

えっ?
そうなんだ。

小学校低学年にとっては、学校で図工などをしていますが、こういう装置は初めてです。

キットなので、ほとんど完成していますが、理科実験の「装置を作る」という経験は大事です。

このホースは何?

ここを、水とかが流れるんだよ。

「これはなんだろう?」と考えながら、作成する姿勢は大事です。

こういう装置や模型を作る時は、「作ることに専念してしまいがち」ですが、少し心にゆとりを持ってやりましょう。

「どうなっているんだろう?」「なんだろう?」の姿勢は、理科で最も大事です。

配線と配管をして、だいぶ基礎ができてきました。

「電気分解」するだけあって、結構本格的です。

これは、すごいね。

2本の棒があるね。

これが大事なんだよ。

電気分解の陽極・陰極の、鉄棒をセットします。

ここが、後でブクブクするよ。

面白そうだね。

作った後に、「どうなっているか」を理解するのも良いです。

「作りながら、それぞれの役割を考える」のも、想像力を育てると思います。

「青いパイプに透明パイプを差し込む」ところは、子どもにやってもらいました。

装置は、ほぼ完成しました。

難しそうだけど、
楽しみだね。

教材・副本が非常に充実しているので、それを読みながら作成します。

教材・副本の内容は、小学生の内容を逸脱していますが、大人も楽しめます。

ああ、そういうことかぁ。

これから、ロケット作成して、いよいよ飛ばします。

学研の科学(学習研究社)

子どもと理科実験するには、非常に良いので、ぜひお手に取ってみてください。

目次
閉じる