MENU

算数実践44〜問題 10(3)(図形)プロセスを考えてみよう:解法A〜|中学受験の算数

前回は「算数実践43〜問題 10(3)(図形)〜」の話でした。

(3)の小さな部分の面積を求めるのに、(1)から考えましょう。

目次

問題 10(再掲載)

f:id:Yoshitaka77:20220402074012j:plain
f:id:Yoshitaka77:20220402074026j:plain

(1)から考えてみよう:解法A

まず(1)で求めた面積38と、そのプロセスで求めた比を確認しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220327073451j:plain

求める黄色い部分は(1)の面積の一部ですね。

三角形同士の面積比ですから、二つの辺の比が分かれば計算できます。

ここで、今度は(2)のプロセスを見直しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220402072020j:plain

必要な「二つの比」のうち、HJ : JCは分かっていますね。

ちょっと小さい部分の面積を求める問題で「どこの比が必要かな?」と考えましょう。

すぐにそれを求めようとするのではなく、「今まで考えて、求めた比で使える比はないかな」と考えてみましょう。

どの辺の比が分かれば良いか?

ここまで整理できると、あとはどの辺の比が分かれば良いでしょうか?

少し考えてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220125062301j:plain

下図のように点に名前をつけると、LN : NHが分かれば求まりそうですね。

記号の振り方は、解答に合わせる必要がなく、「自分なり」で良いです。

自分で、必要そうな記号を自由に置いてみて、考えてみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220405064210j:plain

相似形を考えて、LN : NHを求めるために、手で描いて色々と試行錯誤してみましょう。

なかなか相似形が見つかりにくいかもしれませんが、間違っても良いので考えてみましょう。

ちょっと考えてみて「あ〜ダメだ。分からないや」と諦めて、答えを見るではなく、考えてみて思考力をつけましょう。

次回は、LN : NHを求めてみます。

目次
閉じる