MENU

入学試験で自分をはっきりとアピールして、合格しよう!|中学受験

前回は「合格への熱意・強い気持ちを答案に表現して、合格へ大きく近づこう!」の話でした。

12月に入りました。中学受験生の多くは、残すところあと2月ほどです。

体調万全にして、着実に総合力をつけてゆきましょう。

目次

試験への姿勢

前回は問題3を例に、時間切れになってしまっても、必死に取り組んでいる姿勢、努力している姿勢を明確に示すことを話しました。

採点する数学の教師は、長年の経験から小学生が「何を考えているのか」くらいは、一瞬で分かります。

問題は「きちんと回答する」ことが理想ですが、制限時間もあり試験当日どのような状況になるのかは分かりません。

自分が勘違いをしてしまったり、難問に手間取ってしまって時間が大幅に取られてしまったり、色々な可能性があります。

f:id:Yoshitaka77:20211101153650j:plain

試験答案は「他人である採点者に見てもらう」ものです。

答えを選んだり、答えを記入するだけの問題ならば良いですが、記述式では「自分はわかる」ような答案は避けて、「他人(採点者)に分かって頂く」ような記載の仕方が望ましいです。

小学校6年生の方は、これまでにご自身や塾で、そういう訓練をしてきていると思います。

これから入試までは、さらに「自分の中で考え方を整理して、表現する」ことを明確にしましょう。

問題 1の例

この問題が、試験当日の問題だったとします。

他の問題を優先し、残り時間も僅かとなったとします。

試行錯誤して「この補助線が良さそうだ」と気付いたり、「面積比は少し分かりそうだ」と思ったら、それはどんどん記載して表現しましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211022160203j:plain

こんな感じでも、もっとも大事なポイントである「長方形ACEFの面積の半分」には至ってないですが、なにか解答に至りそうな気配を感じます。

大事なことは、辺の長さ以外に、面積比を記入していることです。

こんな走り書きを見ると、採点者は「ああ、一生懸命解こうとして、その端緒にはたどり着いているな」と分かります。

「時間がもうない!」という場合になったとしても、「僕(私)はここまではわかっているよ!」と答案にアピールしましょう。

採点者の立場からすると、「何も書かれていない白紙答案」はバツにして0点をつけるしか方法はないのです。

答案になんらかの「一生懸命考えている痕跡」があれば、プロである採点者は「よし、ここまではわかってるんだね!」と読み取ってくれます。

場合によっては、深読みしてくれて、思ったよりも良い点を与えてくれるかもしれません。

それは学校の教育理念や校風にもよりますが、採点者に「思考の痕跡は読み取ってもらうように努力する」ことは重要です。

入学試験では僕・私をはっきりアピールするように心がけましょう。

そのことも念頭に入れた上で、本番までの時間を過ごしましょう。

そして、合格へグーっと近づいてゆきましょう!

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる