MENU

日本の駆逐艦を作ろう 2〜観察しよう〜

前回は「日本の駆逐艦を作ろう 1〜社会の勉強しよう〜」の話でした。

ちょっとした歴史の勉強もしながら、軍艦の作成を進めましょう。

非常に細かいパーツですが、

自分で切れるよ。

前回作成した経験から、少し自信が出来たようです。

じゃ、切ってみようね。

大丈夫だよ。

以前なら、

小さすぎて、
切れないよ。

と言っていた子どもですが、「やれば出来る」と思っているようです。

この「やれば出来る」という気持ちは、とても大事だと思います。

「出来ないだろう」と思っていると、「出来ない」ものです。

「やれば出来る」まで行かなくても、子どもには「やれば出来るかも」くらいな気持ちを持って欲しいですね。

中学〜大学受験でも、「勝負事」では「出来る」と思うことが非常に大事です。

小さいけど、
出来たよ。

小さなパーツに接着剤を塗るのは、僕がやっていますが、子どもが組み立てました。

上手く出来たかな?

上手に出来ているよ。

子どもは嬉しそうです。

上の甲板を切り出して、ここにパーツをつけてゆきます。

前作った船と、
形が違うね。

どこが違う?

ここに、大きな段が、
あるね。

そうだね。
前はなかったね。

「似た種類」や「同系統」のプラモデルを作成するときは、「何が違うのか」を考えましょう。

ただ漫然と作成するのではなく、「何が違うのか」を考えながら作成すると「観察力」が磨かれるでしょう。

大砲を接着してゆきます。

向きは、これでいいかな?

いいじゃない。

「大砲の向き」に正解はありません。

「自分が好きないように」作成すれば良いのです。

しかし、小学校のテストで「○とX」が登場し、「点数がつく」経験をして1年余りの子ども。

「何が正して、何が正しくないか」は、どうしても気になってしまうようです。

向きは好きなように、
作ってみな。

うん。
そうするね。

「自由な部分」は、子どもには「楽しむ姿勢」を身につけて欲しいです。

目次
閉じる