対極的な日米の視点〜補給線・兵站線と戦争・日米の根本的な違い:全てが明確だった米軍・全てが曖昧だった日本海軍〜|山口多聞27・ミッドウェー・能力

前回は「大いに奮起する山口多聞〜最悪の判断をした山本長官・攻撃隊を分ける日本・最もやってはいけない「戦力分散」・爆撃と雷撃の大きな違い・爆弾と魚雷の役割〜」の話でした。

山口多聞 司令官(Wikipedia)
目次

全てが曖昧だった日本海軍

草鹿龍之介 第一航空艦隊参謀長(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

南雲司令長官を補佐する「航空部隊のプロ」の草鹿参謀長。

前線では「草鹿参謀長が作戦判断、南雲長官が承認(追認)する」形が見込まれます。

ミッドウェー攻撃には、
空母六隻ほど欲しいですが・・・

我が空母は
四隻・・・

さらに目標が二つとなると、
前線は大変です。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

うむ・・・

大変だが、今なら
強大な米軍を叩けるだろう・・・

頭では「戦力分散の不利」をしっかり理解している山本長官。

ところが、長く戦いの現場に立っていなかった山本長官。

海軍兵学校卒業期名前役職
32山本 五十六連合艦隊司令長官
36南雲 忠一第一航空艦隊司令長官
39伊藤 整一軍令部次長
40山口 多聞第二航空戦隊司令官
41草鹿 龍之介第一航空艦隊参謀長
連合艦隊と軍令部幹部の海軍兵学校卒業期(ミッドウェー作戦)

ミッドウェー作戦当時、58歳だった山本五十六長官。

戦艦三笠と東郷平八郎長官(Wikipedia)

前回の戦場は
37年前の日本海海戦か・・・

あの時、
私は22歳だった・・・

若かった
なぁ・・・

その後ずっと、海軍本部の軍政側で航空本部長・海軍次官をつとめていた山本長官。

「軍神」山本長官は、戦争の経験は少なかったのでした。

そのため、「戦場の状況」は前線任せでした。

前線で
判断せよ!

・・・・・

承知致しました・・・
ならば・・・

敵空母が出てこぬ時は、
全機ミッドウェーに向かって良いですか?

うむ。
まあ・・・

前線に任せる、
ということでよろしいですか?

まあ、
そうだが・・・

空母には
気をつけろ!

なんとなく全てが曖昧な日本海軍でした。

これは
非常にまずい!

私の出来る範囲で、
奮闘してみせる!

第一航空艦隊 旗艦 空母赤城(Wikipedia)

草鹿参謀長は山本長官に、ある「お願い」をしました。

一つ
お願いですが・・・

我ら空母部隊の電信班は、
マストが低く、傍受機能が弱いです。

戦艦大和には、最新設備と
精鋭の電信班がいます。

米軍の電信傍受の際、
全てを必ず我らにお知らせください。

分かった!

草鹿参謀長の「お願い」を快諾した山本長官でした。

日米の根本的な違い:全てが明確だった米軍

Chester Nimitz米太平洋艦隊司令長官(Wikipedia)

Nimitz長官。
今回の作戦の主目標はなんでしょう?

向かってくるJapanの空母を、
出来るだけ撃沈せよ!

JapanはMidwayの基地を
攻撃します。

Midway防衛も大事では?

もちろん、Midway基地防衛は
大事だ。

しかし、それはJapanの空母撃沈より、
優先度が下だ。

とにかく、
Japanの空母を一隻でも多く沈めて・・・

我がUSが有利になるようにするのが、
目的だ。

ならば、Japanの攻撃が猛烈で、
Midway防衛が難しい時は・・・

構わん!

Midwayから
撤退せよ!

Japanの攻撃力が強い時は、
Midwayを放棄、退却せよ。

分かりました!

非常に明確な作戦目標を持つ米海軍でした。

この日米の「目標の明確さ」に対する根本的違いが浮き彫りになりつつありました。

対極的な日米の視点:補給線・兵站線と戦争

ミッドウェー作戦地図(歴史人 2021年8月号 ABCアーク)

戦うには、武器弾薬・食料などの補給は非常に大事です。

大砲を持っていても、砲弾がなければ撃てません。

食料がなければ闘う兵士は飢えてしまい、戦力が大きく落ちて時には亡くなります。

旧日本軍は、この「補給線・兵站線確保」を非常に軽視していました。

武器弾薬は
大事だが・・・

精神力で命中率を
上げれば、少ない武器弾薬でも戦える!

大和魂で
乗り切るのだ!

という発想の日本軍。

武器弾薬が
少なければ、戦うことは不可能だ!

まずは補給する兵站線・補給戦の
確保が最重要だ!

戦争は
そこから始まる!

という発想の米軍。

戦争に対する視点は「対極的」とも言えるほど、根本的に異なっていました。

「補給線・兵站線確保」を最重視する米軍。

大体、Japanの奴らは、
何考えているんだ?

Midwayを奪取したとして、
補給が続くと思っているのか?

JapanからMidwayは、
非常に遠い。

HawaiiからMidwayは、
すぐそこだ。

もし、Midway島がJapanの
攻撃で陥落しても・・・

すぐにでも、
取り返してみせるわ!

米国人らしい合理的思考のニミッツ長官でした。

「作戦計画が曖昧な」日本と、「作戦計画が明確・合理的な」米国。

この状況のまま、ミッドウェー海戦が始まろうとしていました。

新教育紀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次