入試本番に向けて〜「光陰矢のごとし」の歴史と輝く未来への確信・合格という光〜|中学受験

前回は「万全の体調と強い気持ちをキープ〜入試当日の具体的イメージと確認・天気予報のチェックと合格へ向かう入試当日のイメージ〜」でした。

目次

入試本番に向けて

新教育紀行
公園の桜(新教育紀行)

首都圏は、まもなく中学受験の山場が始まり、多くの方にとって本番が始まります。

今まで長い間頑張ってきました。

受験勉強を「本格的にしてきた期間」は人によりますが、1年以上頑張ってきた方がほとんどでしょう。

あとは、試験本番で「ポジティブな平常心で実力出すだけ」と考えましょう。

直前期の大事な姿勢

1.とにかく健康管理を最重視

2.しっかり復習:学んだことは出来るように

3.「ポジティブな平常心」を持ち続ける

「光陰矢のごとし」の歴史と輝く未来への確信

新教育紀行
五島の日の出(新教育紀行)

いよいよ本番を迎える直前に、今までやってきた歴史を、ほんの少しの時間思い起こしてみましょう。

「光陰矢のごとし」と言いますが、月日が経過するのは早く感じるものです。

「光陰」は月日の比喩ですが、まさに「矢の如し」の受験勉強でした。

この間、子どもと一緒に親も伴走し、塾などの先生方と一緒に走ってきました。

当日は体調万全に強い気持ちで迎え、

僕は、
この学校に入るんだ!

私は、
絶対この学校に合格する!

と考えましょう。

合格という光へ向けて

新教育紀行
富士山ご来光(新教育紀行)

光陰矢の如き日々でしたが、最後に「試験当日に力を振り絞って思い切り実力を発揮」しましょう。

そして、志望校を射止めて、見事合格しましょう。

月日を「光陰」と比喩するのは、とても日本的な考え方です。

これまで「光と陰(影)」の中、懸命に頑張ってきました。

当日は丁寧に・万全の体制で試験に臨み、「合格という光」を得ましょう。

読者の受験生の皆様が体調万全に当日迎え、合格することを心より願っております。

新教育紀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次