MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 12|中学への算数7月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 11」の話でした。

続いて、日々の演習の要点をしっかり学びましょう。

目次

p14-17 要点の整理

比・割合の頻出問題がまとめられています。

順番を変えても良いので、全問やってみましょう。

買い物の問題とか、
よく分からなくなるよ・・・

まずは、状況をしっかり理解することが大事です。

「コップA、B、Cに食塩水が・・・」という問題なら、三つのコップを描いて食塩水を描くことが大事です。

そして、食塩水の量・濃度などの数字を描いてみましょう。

最初の状況をしっかり理解したら、食塩を混ぜたり、移動させるので、矢印で移動させる様子を描きましょう。

うん。こうすると分かる気がする。
でも時間かかるよ・・・

自分で勉強している時は、じっくり解くことを意識しましょう。

時間との勝負は、模試などでやってみましょう。

慣れれば、描かなくても良いですが、描かないで悩むよりは、時間が少しかかっても描いて考えた方が良いと思います。

明くん、などは「明くん」とか「明」と書くか、まどろっこしいようでしたら、頭文字の「A」などにしましょう。

ここの問題は、しっかり理解して、解けなかった問題は復習しましょう。

p18 7月1日

長いすに座る問題で、面白いですね。

基本的なタイプですが、小学校の体育館を想像してみましょう。

こういう問題が、
なかなかわからなくて・・・

分からない時は、「長いすが20脚だったら、どうなるかな?」など、自分で状況を作って実験してみましょう。

「余ったら」足してみたり、図や棒グラフを描いて考えてみましょう。

p18 7月4日

先ほどの問題に続いて、長いすの問題です。

今回は、具体的な数字ではなく、割合が出てくるところがポイントです。

15脚とか、30人とか具体的な
数字なら分かるけど・・・

割合ばかりだと、
よく分からないよ・・・

解法では、あっさりと解いていますが、長いすの数を①などとおいた方が、分かりやすいかも知れません。

こういう問題も、自分で「長いすが30脚だったら・・・」とか考えてみると、割合の意味がわかるでしょう。

比の本質的なことが分かるので、しっかり理解しましょう。

p19 7月5日

チョコレートとクッキーの問題で、よくあるタイプです。

少し問題文が長いですが、状況をしっかりと描いてみましょう。

色々やりとりしているので、分かりにくいですが、こういう問題は「順に考える」か「後から考える」がポイントです。

どこかの時点で出てくる比で、未知数を設定して、着実に解いてみましょう。

p22 7月13日

ハイブリッド車を扱った、面白い問題です。

理科と算数が混ざった感じで、イメージしながら考えてみましょう。

こういう移動する問題は、線を引いて移動する場所を描いて、人や車が動く様子を描くことが大事です。

そして、まず「動くイメージ」をしっかり持ちましょう。

ご紹介した問題をしっかりと学びましょう。

他の問題が気になるようでしたら、他のグループの話を参考にしてください。

目次
閉じる