MENU

Wグループ中学志望のお子様へ 10|中学への算数6月号

前回は「Wグループ中学志望のお子様へ 9」の話でした。

グループは、こちらを参照して下さい。

「要点の整理」をしっかり理解して、日々の演習を学んでいきましょう。

目次

6月1日

図形の基本問題です。

等しい角度・等しい辺が出てくる問題は、どんどん図形に描きこんで、二等辺三角形などをイメージしましょう。

6月6日

シンプルですが、結構難しい。

この問題のように条件設定がシンプルな問題は、非常に良いです。

出題者の方の数学的センスを感じます。

こういう問題できる?

出題者は、ちょっとワクワクしながら問題作っています。

採点を楽しみにしてそうですね。

出題者が楽しんでいるのですから、解く方も楽しんでみましょう。

補助線がよくわからない・・・

自分で、色々と補助線引いてみて考えてみましょう。

補助線は「平行」と「垂直」を考えると良いことが多いです。

この補助線が良さそうかしら。
あっ、ちょっと分かってきた気がする

補助線で一気に解ける場合もありますが、「少しずつ分かった気がする」楽しさを感じて下さい。

楽しく学ぶと脳が活性化するので、学力も上がるでしょう。

6月13日

扇型の頻出タイプの問題です。

少し問題文が長いですが、しっかりと状況を把握しましょう。

面積を差し引して考えることを、きちんと理解しましょう。

ここの面積は、
この部分とこの部分を足しているから・・・

あれっ、面積求める時、同じ部分が出てくる。
面白い!

面白さを感じながら、図形問題は解いてみましょう。

6月20日

「図形が回転する」ですが、ちょっとひねってあります。

「動く図形」は一度厚紙を切って、実際に動かしてみると良いでしょう。

「実際に動かす」動画もあるでしょうが、自分で目の前でみると全然違って見えるでしょう。

映像は便利ですが、「分かった気になる」可能性があります。

「分かった気になる」よりも、「体験する」大事さを重視しましょう。

少し手間がかかりますが、厚紙を切ってやってみましょう。

受験生の子どもは時間がないですし、手を切る可能性があるので、厚紙を切るのは親御様がやるのが良いでしょう。

一度じっくり見てみると、少しずつ分かってきます。

少し分かってきた気がする。
でも、他の問題できるかな・・・

最初は、なかなか出来なくても、図形が回転してゆく状況をイメージして、少しずつしっかり理解しましょう。

図形が回転する雰囲気が
分かった気がする。

この問題をしっかり理解できると、大抵の「図形が回転」問題は出来るでしょう。

この問題は、また今度やってみましょう。

6月23日

三角すいが「動く部分の体積・面積」で、シンプルな問題です。

立体図形は動く様子の
絵がなかなか描けない・・・

この問題では、三角すいが動いた様子の立体を描いてくれているので、分かりやすいですね。

こういう図を「自分で描けるように」なりましょう。

一気に立体で理解するのが難しい場合、「立体を少し動かしてみる」とか、「立体のある面を動かした場合」など考えてみましょう。

少しずつ、しっかり理解するのが大事です。

少し、分かってきた気がする

焦らずに、一題一題、しっかり理解しましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる