MENU

Gグループ中学志望のお子様へ 4|中学への算数4月号

前回は「Gグループ中学志望のお子様へ 3」の話でした。

引き続き、麻布・武蔵・女子学院中学志望のお子様向けに良い問題をご紹介します。

p52渋谷教育学園幕張中

シンプルで面白い問題です。

理科実験のような問題で、答えを読むと「ふむふむ」と思いますが、自分できちんと系統だててグラフを描くのは、かなりの学力を要します。

簡単で良いので、自分でグラフを描いてみて、考えてみましょう。

(1)では、「〜ですから、一番短いロウソクは・・・」と説明ありますが、自分で「考えられるパターンのグラフ」を描いてみましょう。

「理屈で分かること」も大事ですが、「きちんとグラフが頭にパッと描ける」ことも大事です。

パッと描ける様になるには、実際に描いてみるのが一番効果的です。

この問題をよく理解すると、算数・理科実験の応用問題に対する学力が上がります。

せっかくのいい機会ですから、自分でグラフを色々書いてみましょう。

少し時間がかかったり、面倒でも「グラフを見て理解する」のと「自分でグラフを描いて理解する」のでは全く理解の深さが異なります。

非常に良い問題ですから渋幕志望の方以外でも、マークしておいて、しばらくしたらまたやってみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211222110830j:plain

p58武蔵中

記事にありますが、武蔵らしい問題です。

速さの問題で、少し休んだりするのは典型問題です。

状況をきちんと・的確に把握しましょう。

視点を、速さから「角度」に変えて考えますが、自分で問題の図形を描いて、P,Qの動き方を鉛筆で描いてみましょう。

P,Qの「どちらが動くテンポが速いかな」を考えてみて、角POQの変化をグラフにしてみましょう。

この二問をきっちりグラフを描いて、出来る様になりましょう。

4月号は今回で終わりますが、他にはp62洛南高校附中もオススメです。

下記記事の後半でご紹介しています。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる