MENU

Gグループ中学志望のお子様へ 2|中学への算数4月号

前回は「Gグループ中学志望のお子様へ 1 」の話でした。

引き続き、Gグループ中学志望のお子様向けに良い問題をご紹介します。

「日々の演習」P18〜

「日々の演習」は、自分が好きな順ににやってみましょう。

4月21日

周期性がテーマの問題で、面白いです。

こういう問題は、慣れると「周期だ!」と数値化して考えますが、それは9月以降の模試、あるいは本番でできれば良いでしょう。

当面は、色々なライトが点滅する状況を思い浮かべてイメージしましょう。

色鉛筆を使って描いてみるのも良いでしょう。

4月26日

これも周期性の問題ですが、移動する状況を描きましょう。

余白の関係で誌面では最小限の図しかありませんが、自分で「こっちに行ったらこうなって・・・」と色々とシミュレーションしてみるのが良いでしょう。

こういう問題は数をこなすよりも「一題一題きちんと理解する」ことが大事です。

f:id:Yoshitaka77:20211222110830j:plain

P38麻布中

引き続き規則性の問題で、非常に面白いです。

社会の問題といい、麻布は独特の高いセンスを感じさせてくれます。

答えを見てみると「ああ、そうか。うんうん、そうだよね。」と思うかもしれません。

「本当かな?」と疑ってみるくらいの気持ちで、沢山数字を書いてみて自分で実験してみましょう。

他に何らかの規則が見えてくるかもしれません。

「違う状況」を自分で想像して、「どうなるかな?」と考えてみるのも非常に良いでしょう。

10月以降は模試やテキストなどに追われて「これも、あれも、沢山やらなきゃ」となります。

今この時期は少しゆとりを持って、一つ一つ丁寧に考えて、しっかりと考え方を学びましょう。

実は試験・入試は「丁寧に考える」ことが最も大事なのです。

盛りだくさんの4月号は次回も続きます。

目次
閉じる