MENU

Eグループ中学志望のお子様へ 5|中学への算数5月号

前回は「Eグループ中学志望のお子様へ 4」の話でした。

今回は「中学への算数5月号」から、良い問題・考え方のご紹介です。

p4 3:数

倍数の基本的性質の問題です。

解法を理解する時に、小さな数を例に「自分で書き出してみる」と良いでしょう。

こういう問題は比較的大きな数が出てきますが、小さな数で具体的にしっかり書いてみると理解が進みます。

「ああ、こういうことかな?」と分かることが、とても大事です。

p5 4:図形・面積

基本的な図形問題で、「やっとことあるよ」というお子様が多いでしょう。

基本事項が網羅されているので、ぜひやってみましょう。

「覚えている性質」等があったら、「このことをきちんと説明できるかな?」と考えてみましょう。

正方形や円など描いてみて「こことここが面積一緒で・・・・・」など「しっかりと理解」してゆきましょう。

p14~17要点の整理

「和と差」に関する要点がまとめられて、6題あります。

基本事項が多いので、まとめのために全部やるのが望ましいですが、まずは3題ほど選んでやってみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211027143502j:plain

p18~ 日々の演習(順序は自由にやりましょう)

5月2日

整数の頻出問題です。

しっかり理解できているか、確認しましょう。

解法を読んでみて「大きい順は・・・・・」などの部分は、「本当かな?」と考えてみましょう。

少し迷う時は、「具体的にAが〜なら・・・・・」と具体例で実験してみるのも良いでしょう。

5月12日

面白い問題です。

じっくり考えれば、難しくはないのですが、こういう「創作問題」が「あっ、こういうことだね」と分かるようになるようにしましょう。

似た問題はやったことあると思いますが、「一部読めない」など変化球が来たときに、「大事なことは何かな?」と考えてみましょう。

応用問題は、出題者が様々な変化球を出してきます。

一題一題をきちんと理解すると、「変化球への対応力=応用力」もアップするでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる